月照れば。

尾根に掛かった月を臨むと、雲が恐ろしいほどの早さでながれてゆきました。
月ににじんだ雲が螺鈿のようにかがやいて、これも恐ろしいほどの美しさ。。。
黄色い花穂をしならせてニセアカシアの花が咲いています。
老いた幹の方々になまめかしく開いた紅や白のウメの花。
暗緑色の葉群に咲き狂う大輪のツバキ。
持ち重りのするその花のうてな。
月照れば、垣根のひまから、
ふと、呼び止められたような気がして、
振り向くと、銀色の花の匂いが漂い、、、
d0004250_17411575.jpg

[PR]
# by viola-mania | 2005-03-17 23:54

スミレの花の咲く頃。

いつの頃からか、このスミレという植物が気になっています。
ナポレオン・ボナパルトも若い頃に、“すみれ伍長”と徒名されるほど、この花を愛したそうです。
間もなく、我が家の小庭の方々に、小さな春の使者たちが訪れます。
d0004250_17421039.jpg

[PR]
# by viola-mania | 2005-03-16 10:07