禁欲。

あすは、持ち帰り仕事の納品。
それにしても、月曜の夕刻から始めたその作業が、これほどまでに自らの生活をストイックなものにしようとは、、、
ある意味、それは、個人誌『薔薇窗』入稿前準備に、比肩するほど。
そんなわけで、これも個人誌『薔薇窗』の版下原稿を封にいれ、その発送を待つように、このたびの物件のそれを小包にしたものを沓脱ぎに立て掛けると、いまごろになって晴れてきたおもてへ出ました。
例年どおりひらいた、インド浜木綿の艶姿を、ケータイ・カメラでパチリ。
このところ、寝しなに読んでいる、ユッキーこと三島由紀夫の『禁色 第二部 秘楽』より、


 美といふものは本来最も独創から遠いものである……


といった一文が引きたくなりました。
なるほど、この植物は、きわめて自然に、その青春の一時期を謳歌しているかのように見えます。
とはいえ、そんな観念的な思索を凌駕できるのは、習慣といった怪物をおいて、ほかにないのです。
と、このストイックな四日間を振り返って、ふと、そんなことを考えました。
d0004250_8461484.jpg


さて、その二日目。
持ち帰り仕事だとて、その始業・終業時間は決まっています。
そんなわけで、いつもなら6時45分にとっている朝食を、9時45分に終えると、10時より作業開始。
正午に一時間の昼食、三時に30分の休憩をとると、六時までラストスパート。
きょうのノルマを終え、胸・脚、両用のクッションを脚からはずすと、頭にあてがい、しばし、夕寝。
夕食までのわずかな時間、疲弊した脳を休めるとしましょう。
あしたは、この物件の難所を越えなければなりません。
それにしても、夕風が心地よい。。。


 夕づつもあはあはひかりそめにけりあしたは越ゆべき峠のほとり   賢治
d0004250_19121468.jpg


さて、その三日目。
この物件の難所にはいるや、にわかに停滞したペースに、その雲行きも怪しくなりました。
「終わるんだろうか!?」
と、、、
いつしか聞こえなくなった雨音に、窓の向こうを仰いでみると、萌黄に染まった森が、その陽に明るい。
名前も知らない鳥のさえずりに、紛れて聞こえるケータイの着信音。
出てみると、この物件の担当くんでした。
「かくかくしかじか、もう一日オッケーです!!」
晴天の霹靂、否、霹靂の晴天とはこのこと!?
自由になったこころのままに畳みの上へ寝転び、『泣菫随筆』の続きを読んでいるうち、睡魔に襲われうたた寝。
窓の向こうを仰いでみると、鉄色に染まった森が、落ちた陽に暗い。


 雨やめどかへつて空は重りして青木も陰の見え初めにけり   賢治
d0004250_19123070.jpg


*画像、上、インド浜木綿の艶姿、中、もぞもぞ、下、鉄色に染まった森。
[PR]
# by viola-mania | 2009-07-05 19:09 | 雑感

青脚。

きのうの日中は、約1時間をかけて駅に着き、それでも行ってしまったばかりの電車を待って、目的地である横浜に着いたのは、家を出てから2時間あとのことでした。
待てど暮らせど来ないバスの到着に、なかば、ゴウを煮やすかたちで、いっかな点かない、その停留灯をにらんでいたら、
「もう、バス来る?」
と蝶のように飛来した? 少年から訊かれ、
「うん、そろそろ」
と応えてみるも、その定刻からユウに10分は過ぎていました。
タメグチで問い続ける少年のそれに、どちらが少年であるのか? といった実直さで応えているうち、その少年は、ふたたび、蝶のように飛翔しました。
さて、ようやく到着したバスの車窓から、通りを歩く少年に手を振り、その滑走に優越を感じていたのもつかの間、乗り込むひとの多さと渋滞に、どちらが蝶であるのか? といった閉息を感じました。


 「青ぞらの脚」といふものひらめきて監獄馬車の窓を過ぎたり   賢治

*画像、青ぞらの脚。
d0004250_17245454.jpg

[PR]
# by viola-mania | 2009-06-28 17:23 | 少年

大船。

ユッキーこと三島由紀夫が、二十八歳で書き上げた長篇、『禁色 第二部 秘楽』(昭和28年)を読んでいたら、絶世の美青年としてこの物語に登場する南 悠一と、彼を傀儡(くぐつ)のごとく操る老作家、檜 俊輔とが、その年、横須賀線の車窓から見た「大船観音」を書いた、
d0004250_19215815.jpg



 電車は大船に着いた。二人は駅のむかうの山あひに、うつむいてゐる高い観音像の項(うなじ)
 が、煙つた緑の木々を抜きん出て、灰色の空に接してゐるのを見た。駅は閑散である。



こんな描写に、近くにいらっしゃいながら、一度も詣でたことのなかった大船観音寺へ、その観音さまを見に行きたくなりました。
ところで、観音像の竣工は、昭和35年ですが、その着工は、それを遡ること30年前。
工事が着手されたその年、昭和4年は、世界大恐慌のさなかにあり、そんな世相のなかで、観音像を建立するべく寄付金集めは困難を極めました。
そんなわけで、その五年後、観音像は未完成の状態で工事を中断、そのあとに起った戦争を眺め、敗戦したこの国の経済が持ち直し始めた、昭和30年まで、工事の再開を待たなければなりませんでした。
d0004250_0472192.jpg


さて、こんな事情を、ユッキーの書いた「大船観音」の描写に照らすと、悠一と俊輔、否、彼が見た観音さまは、白衣(びゃくえ)をまとった、いまのお姿のものではなく、未完成の状態で放置されていた「大船観音」ということになります。
そんな観音さまをひとわたり眺め、大船駅からバスに乗って鎌倉駅へ戻ると、この「大船」という駅が、ユッキーの描写どおり、疾うから“閑散であ”ったということがわかりました!!
とはいえ、市民にやさしい大船が、そんなところも含めて大好きです。
d0004250_0473799.jpg



*画像、大船観音はいいぞ!!
[PR]
# by viola-mania | 2009-06-28 00:44 | 文学

聖草。

花が終わり新たな芽を伸ばし始めたオールド・ローズの剪定(せんてい)がてら、ただでさえ小さな庭を狭めるように生え始めた雑草を刈りにかかりました。
長さを調節することで、全長が2メートほどにもなる植木鋏(ばさみ)を、いましがた枝を伐り終えたヒイラギの根方に置くと、こんどは、その枝から放射状に伸びている茎を剪定鋏で落とし、ポリ袋へ、、、
はて、粉をふいたブドウのような、ヒイラギの実が目につきました。
たわわに実ったそれを、ポリ袋にいれてしまうのがもったいなくて、実だけを集めたブーケ? をつくってみました。
部屋のどこかに置いておけば、案外、魔除けになるかもしれません。
d0004250_23284548.jpg


さて、刈った草や葉をいれたポリ袋の口を結わき、ふと、空を見上げると、ひと雨きそうな気配。
そんな鉛色した空の下、聖ヨハネ草の黄色い花が、ことしもひときわ鮮やかにひらいています。


 聖ヨハネ草:
 学名ヒュペリクム・ペルフォラートゥム[Hypericum perforatum]、山野に自生する多年草で、葉
 は単葉対生、夏から秋にかけて五弁の黄色い可憐な花を咲かせ、茎の高さはほぼ一メートルに達す
 る。聖ヨハネの名が冠せられているのは、イエス・キリストより半年早く生まれた洗礼者ヨハネの
 生誕日を祝う聖ヨハネ祭、つまりは夏至の祭り(六月二四日)で重要な役割を担う野草の一つだか
 らである。「ペルフォラータ」というラテン語名は、字義的には「孔のあいた」という意味であ
 り、葉面上に数多く分布する細かい透明な油点(日本に自生する種は黒色を呈する場合が多い)が
 孔に見えるところから付けられたものである。この薬草がもつ悪霊除けの効能を恐れた悪魔が悔し
 まぎれに針で開けた穴の跡、という伝承がアルプスやチロル地方に残っている。また、葉上の油点
 や根にある赤い点は、洗礼者ヨハネ斬首の際の血しぶきとも、十字架上のキリストの血の滴の跡と
 も伝承されている。

                   パラケルスス「聖ヨハネ草について」(岡部雄三訳)より



d0004250_2329056.jpg


オールド・ローズに、その座を譲られたかたちで、この「聖ヨハネ草」が、我が家の小庭の一角を領しています。
そんなわけで、“悪霊除け”との伝承もあるこの薬草を背景にいれた写真をパチリ。
一足早い、“聖ヨハネ祭”を、雲と雲の合間に覗いた太陽の下で行ってみました。
いまは、もう、暗い庭。。。
d0004250_2329187.jpg


*画像、上、ポリ袋へ、中、聖ヨハネ草、下、ことしの夏も乗り切れそう。
[PR]
# by viola-mania | 2009-06-21 23:25 | 雑感

開通。

二日前から使用を自粛していたキッチンの流し場も、日中、大家さんが手配してくれた排水工事作業員のおかげで、すっきり開通。
ガタイもカンジもいい兄貴系の作業員と、その都合上、作業につき合わざるを得なくなったこちらの隣で、何だか応答のないもうひとりの作業員とは、なかなかどーしていいコンビネーションでした。
とはいえ、さいしょ、その作業員の態度と気転の悪さに、
「そこから沁みてきてるんだから、事前にぞうきんを置くなり対処してくれよ!! そんだけ水出してんだからさ」
とよっぽどいってやろうかと思ったけれど、いわずにおいてよかったと、そのあとのふたりのやり取りを、隣の部屋で聞きながら、ほっ!! と胸を撫で下ろしました。
どーやら、兄貴系の作業員は、その作業員の性格を把握した上で、ことを穏当に運んでいるらしいのです。
つまり、その作業員のこちらにはわからない何かを認めているのでしょう。
そんな空気が、この対極的なふたりの作業員の間合から感じられました。
だから、
「作業終わったら声かけてください」
といって、早々に、隣の部屋に引っ込んだことは、正解でした。
「お疲れさまでした」
と作業を終えたふたりを玄関先で見送ったとき、兄貴系の作業員の変わらぬカンジの良さの隣にあったのは、意外にも、その作業員の優しい笑顔でした。
そんなわけで、こちらとその作業員の間でも、何かが開通したようです。。。
d0004250_0281142.jpg


*画像、水を連想させる植物、水妖花(ヒドランゲア)。
[PR]
# by viola-mania | 2009-06-14 00:35 | 雑感

書庫。

カリマーのディバッグから、赤ワインとチーズとワイン・オープナーを取り出すと、
「これ、一緒に呑もうと思って♪」
と小難しい書物が載ったテーブルの隙(ひま)にそれらを置き、
「さて、空になったバッグに、何をいれて帰ろうか!?」
とセンセイの書庫に、城壁のごとく積まれた書物の山を崩しにかかりました。
d0004250_23141332.jpg


それにしても、こちらとは明らかに違う読書傾向と、その積まれ方のプロっぽさ? に、オトナの書斎とコドモの勉強部屋ほどの違いを、歴然と見せつけられたような気がしました。
さて、そんな書物の山から引き抜いたのは、
「ふしぎとぼくらはなにをしたらよいかの殺人事件」橋本 治
「賭博/偶然の哲学」檜垣立哉
「泣菫随筆」
そのうち、『泣菫随筆』は、それが、きょうの書庫探訪のきっかけとなった一冊で、帰りしな、もらったその一冊と、借りた二冊の書物をバッグにしまっていたら、
「冨山房百科文庫から、このひとの<茶話>が出てるんだけど、駅前の本屋にあるから見に行こ!!」
といわれ、センセイの気遣いを、見送りというかたちで、ありがたく受けました。
d0004250_23143063.jpg


そんな、センセイの書庫にいとまを告げると、蛍光灯の明るみのなかで見たセンセイの姿が、かって、きょうのように書斎を見せてくれた、ある大学生の姿と重なりました。
こちらが、まだ、少年だった頃の甘やかな、否、書物の隙(ひま)から立ち上ぼる、かび臭い記憶です。
d0004250_23144874.jpg


*画像、上、城壁のごとく積まれた書物の山、中、下駄の響きも朗らかに、下、センセイが組んだ冊子。
[PR]
# by viola-mania | 2009-06-07 23:18 | 少年

歌殺。

 泰山木は私の最初の植物体験の一つであった。

d0004250_058249.jpg

とは、奇しくもこの植物が、雄大瑰麗な花をひらきかつ鋭い芳香を漂わせる一時期に逝った、歌人、塚本邦雄のことばですが、この泰山木(たいさんぼく)が花ひらく午前中に我が家を訪ねて来た近所のともだちの顔もまた、ひらいたばかりの花のように瑞々しいものでした。
さて、ともだちから手渡された白い封筒のなかには、『現代短歌研究』の誌名を持つそれが三冊はいっていて、その最新号の表紙に刷られたもくじを見ると、ともだちが、この研究誌の主宰を務めていた、評論家、菱川善夫に捧げた批評文のタイトルが、巻頭に据えられていました。

d0004250_0584383.jpg

 「カリギュラの鏡——歌はだれを殺すのか」   小松 剛


カリギュラとは、アルベル・カミュの戯曲に登場する若き暴君の名ですが、そのカミュの戯曲「カリギュラ」の科白を、文頭と文末に置いた小松さんの文は、その初校を読み聞かせてもらったときの印象そのままに劇的であり、そのことは、「選別的な形でしか<殺し>はやってこない」という菱川のことばどおり、特別な状況、あるいは、状態のなかでこの文が書かれたことを示唆しています。
その状況とは、前衛短歌の開幕期からその評論活動を展開してきた菱川の死であり、状態とは、「歌人には決してなりたくない、歌人とはもう関わりたくない。歌人は死ぬほどつまらない」という小松さんの歌人に対する諦念とでしょう。


 人は、短歌を一首成すとき、多くのものを喪っていることを知るべきだろう。そしてその末に
 残るものがあるのか、とくと自分に問うべきだろう。一首を成すとき、人は、恐るべき力で短歌化
 され、あらゆるものとともに消え去る。この魔的な力に抗う術はない。ましてや伝統に紛れ込もう
 とする歌人に、なにを見るべきものがあるだろうか。短歌とはただ五七五七七すなわち三十一首の
 音楽にすぎず、くちずさむように歌えばよいと言うような歌人に、なにを聴くべきものが残るとい
 うのだろうか。



と小松さんが嘆くとき、塚本の「<歌人(うたびと)とわが名呼ばれむ>で、<われ歌人(うたびと)ではない」といったことばとともに、このひらいたばかりの泰山木が、その夕刻には淡いセピア色に変色し、とざすことなく花の寿命を終えるその過程を想います。


 泰山木雪白の花ふふみたり青年を棄てて何を愛する   邦雄
d0004250_0585874.jpg


*画像、上、ひらいたばかりの泰山木、中、「現代短歌研究」第八集、下、「カリギュラの鏡——歌はだれを殺すのか」初校。
[PR]
# by viola-mania | 2009-05-31 01:08 | 文学

美暴。

一年前に完治した虫歯が、ふたたび疼き出しました。
とはいえ断続的な痛みではなく、患部にものが触れると痛む、知覚過敏というやつです。
そんな痛みのさなか目にした、日本画家、松井冬子さんの作品群は、でも、たんに神経への擬似的な刺激である歯痛とは、痛みの意味においてまったく別個のものでした。
d0004250_001529.jpg


とりわけ、鎌倉時代に描かれた「九相詩絵巻(くそうしえまき)」とともに取り沙汰されることの多い『浄相の持続』(2004年)は、そこに描かれた女性の微笑と一見結びつかない様相を呈した身体が描かれていて、その「自ら腹を切り裂き、赤子のいる子宮をみせびらか」している女性の態度の方に、より痛みを感じるのは、松井さんのなかにある攻撃性がこの作品に露見しているからでしょう。
その態度を、ある美術評論家は、松井さんの伝聞から、「子宮以外の組織の発達において、女性は男性よりも劣るとされた解剖学的報告を引きながら、ならば冷徹な解剖学的身体の誇示を女性として行う表現をとった」と、その攻撃性を表明しています。
d0004250_003996.jpg


ところで、宗教家、出口王仁三郎(でぐちおにざぶろう)が、「人類愛善会」という人類同朋運動を、大正14年に起こしたとき、その思想的立脚点の一つに、女性原理をいかに自分のなかに取り込んで調和させることが出来るか、、、というものがありました。
出口は、それを「火と水の結婚」といっていますが、そのことは、彼の「変性男子ー変性女子論」を引くまでもなく、ジェンダーとセックス、あるいは、攻撃性と非暴力を考えるための糸口なのです。
その糸口から、松井さんの『浄相の持続』を眺めてみると、自らの内部に異性性を発見・体験し、統合することの可否が、一つの問題として見えてきます。
攻撃性は、つねに異性との性をめぐる緊張関係のなかから出てくるもの。
また、この『浄相の持続』に影響を与えたといわれている、「九相詩絵巻(くそうしえまき)」が描かれた武士政権下の中世は、敗戦後以降の現代と一つの相似形をなしているように思えます。
両者の作品に見える、身体と意識の遠近法は、それが壊れることによって帰結し、そこにアブジェクト(=おぞましきもの)のもう一つのかたちを提示しているのかもしれません。
d0004250_005471.jpg


*画像、上、「九相詩絵巻(くそうしえまき)」(部分)、中、「浄相の持続」(部分)、下、松井冬子(撮影:中川真人 WEBより転載)。
[PR]
# by viola-mania | 2009-05-24 00:08 | 美術

薔窗。

どこだったか地方にある生花店で見かけた数種類のバラのなかから、この植物の原種であるオールドローズのポット苗を三つ買ったのが、十年の歳月をかけて? 完成した薔薇窗づくりの発端でした。
誰かが玄関の呼び鈴を鳴らしたとき、その脇にある書斎の窓から顔を覗かせ、その誰かを迎えたいとの抱負があったから、、、
さて、ことしの薔薇垣は、隣の家がなくなり日照に恵まれたという好条件を引いても、ことさらの出来映えです。
d0004250_23185940.jpg


ところで、折口博士が、彼の壮年時代につけていた「零時日記」のなかに、


 庭の雪の上に、沢山の足痕が乱れて居る。犬・猫・鼠・鼬と一々に個性を持つた曲線を作つ
 て、あるいて居る。ひつそりと閉し勝ちな家にも、こんなに小さな獣どもが、集つて来て居るので
 あつた。



という一文があり、これを読むと個人誌『薔薇窗』に参集した、獣たちのことが想い浮びます。
とりわけ、この雑誌がきっかけで、その交流が深まった、歌人、結崎 剛さんも、彼の十九歳の夏には、まだ、ご自身いわく“小さな獣”であったものが、いつしか、ご近所さんとなり、“小さな獣”と一緒に我が家を訪ねてくるようになったのは、不思議な縁(えにし)というよりありません。
d0004250_2319171.jpg


そんな、結崎さんに、きのうは、紙袋いっぱいのオールドローズをもたせてあげました。


 薔薇窗の隅立つたる鼠哉

 *窓から侵入し、いつの間にか棲みついた鼠、一首誉められて薔薇乱す。


とは、結崎さんの返礼の一句とその自註です。
d0004250_23193663.jpg


*画像、上、ことさらの出来映え、中、ともだちと相棒のツー・ショット、下、薔薇窗完成♪
[PR]
# by viola-mania | 2009-05-17 00:19 | 文学

薔薇。

我が家の玄関脇に植えたオールドローズの、一等はじめにひらいたそれをガラス鉢に浮かべて、その花が香りを漂わせているうちに、着手のライトノベルを書き上げてしまおうとの計画は、でも、ダストボックスのなかで花と散りました。
このたびのイベント(「第八回文学フリマ」)用に、櫂まことさんとつくった『プラトニカ 第二輯』は、完売(イベント持ち分)という喜ばしい結果を残しましたが、でも、そのことはこちらの意に反する? ことであり、画と文が互いにそっぽを向いたかたちとなった「輯」は、だから、失敗なのです。
d0004250_22291262.jpg


そんなわけで、その“失敗”を挽回するべく、イベントの前日を締め切りに進めていたのが、“着手のライトノベル”でした。
こうした誠意? を、つねに作品で見せようとしている我々は、互いが理解者である半面で、敵対者でもあるのです。
d0004250_22292758.jpg


「これ」
と櫂さんから手渡された紙袋には、湿らせた布と二輪のバラがはいっていて、その用途を訊ねたところ、
「店に飾ったらいいかな」
とのことでした。
ダストボックスのなかで花と散ったオールドローズに代わり、いまは、そのバラがへたれながらも強い香りを放っています。
このバラが散る前に、“着手のライトノベル”を仕上げ、その誠意を櫂さんに見せたいところでR
d0004250_22294270.jpg


*画像、上、店に飾ったバラ、中、「プラトニカ」部分、下、持ち帰ったバラ。
[PR]
# by viola-mania | 2009-05-10 22:20 | 文学