<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

憾言。

創作ノオトをつくる以外に、その詳細を書いているのは、このスミレノオトくらいなもんだけど、それら二つのノオトに書いていてさえ、整理することがままならない、このたびの作品「牧野博士の不思議な採集」は、どこか作者の想像を超えた場所へ行き着こうとしている憾(うら)みがあります。
何ゆえ、そのことを“憾(うら)み”がましく書くかというと、この作品を読んだ、ある作家のかたから、

 
 第三章の「ハタハタハタ」「あれから、幾年経つのだろう…」「サリサリ、…サリサリ」辺りに、
 折口信夫の「死者の書」と意識的に重ねようとしている感が伝わってきます。全体的な小生の印象
 では、構成などがややひねり過ぎで、話の展開を分かりにくくしているのではとの感を覚えます。


と折口信夫の『死者の書』を引き合いに出されるなど、まったく想定外な感想をもらったことによります。
ファンタジーはよく、わからないとも面白くないともいわれます。
もちろん、そのことはそれを読むひとにもよるのでしょうが、こころに向かって語ろうとする、この文学の一形態を「わからない」と思ったり、「面白くない」と思ったりするのは、それを読む側に、そうしたこころの準備がないからなのかもしれません。
そんなファンタジーには、地上現象の上では証明出来ない何かがあって、その現象の論理と道筋を超える何かがあるのです。
この“何か”とは、個々の読者が、そのときにわかる啓示的なことであり、よって、これを「わからない」と思ったり、「面白くない」と思ったりする読者の上には、この“啓示的なこと”が、たんに起らなかっただけなのでしょう。
そんな“憾(うら)み”がある作品「牧野博士の〜」は、冒頭にもあるように“二つのノオトに書いていてさえ、整理することがままならない”それであり、このことは、作者の自覚する、たとえば、物語に流れている現在、過去、未来、の時間を隔てる垣根、つまり、「行空き」を設けないことに起因しているのかもしれません。
とはいえ、この“「行空き」を設けないこと”は、作者の意図することであり、もっといえば、アインシュタインの『相対性理論』のうち、「特殊相対性理論」と「一般相対性理論」を引き合いに出して説明することの出来るものなのです。
つまり、「特殊相対性理論」=「ミンコフスキー空間」における「四次元」にそのことを照らせば、この次元では、時間も空間も一つに存在するものであって、過去に存在したものも、未来に存在するものも、この「四次元」世界の内部に存在して然るべきものであるということを、“「行空き」を設けないこと”のうちにあらわしたかったというわけです。
とそんなことを書いて、いったい、どれだけの読者がそのことを理解してくれるのだろうかと、つい、“憾(うら)み”ごとの一つもいいたくなってしまいます。。。
d0004250_10352769.jpg


*画像、お馴染みのショット。
[PR]
by viola-mania | 2009-03-29 10:38 | 文学

何色。

拙作、「牧野博士の不思議な採集」第一章の挿画、および、表紙は、「緑」でした。
そして、第二章・第三章の挿画、および、表紙は、「紫」。
そうなってくると、第四章・第五章の挿画、および、表紙の色は決まったも同然ですが、奇しくも、この色を導き出したのが、作中に出てくる、それぞれ三つの事物であったことに気づいたとき、我ながら、その見事な符合に、怖れおののきました。
d0004250_23533696.jpg


だって、これって、まさに、ノヴァーリスのいう、「物質が光になろうとする努力」じゃん!!
しかも、ゲーテは『色彩論』のなかで、


 色彩をつくり出すためには、光と闇、明と暗、あるいはもっと普遍的な公式を用いると、光と光な
 らざるものとが要求される。光のすぐそばにはわれわれが黄と呼ぶ色彩があらわれ、闇のすぐそば
 には青という言葉で表わされる色彩があらわれる。


といっているけれど、黄と青を均等に混合すると緑になり、それらの色がその濃度を強めると「 」と紫になります。
んでもって、この「 」と紫がさらにその濃度を強めると双方は赤になるんだなあ。
d0004250_23535441.jpg


つまり、これが、ゲーテの考える三原色というわけ。
しかも、この六つの色を結ぶと、そこには、光が生じるのです。
とはいえ、いつ、闇になるとも知れぬ、三原色でもあります。
d0004250_2354752.jpg


*画像、色彩環。
[PR]
by viola-mania | 2009-03-22 00:01 | 文学

沈丁。

防寒のため、、、
とかなんとかいって切れずにいた髪を、ばっさり切りました。
神、否、髪に誓ってひかないつもりでいた、風邪もひいちゃったことだしね。
こうなってみると、“防寒のため”に髪を伸ばしていたというのも、とどのつまりは、たんに「ゲン担ぎ」に過ぎなかったのかもしれません。
d0004250_0375027.jpg


さて、都内での用事を終えると、予約をいれた散髪の時間まで、あと二時間となりました。
「とんぼ返りだな」
と思いつつも、地元駅から床屋までの道のりを走るはしる。
黒塀が風情を残している、大仏次郎の旧居の前を過ぎ、このあたりの地名となっている、「雪の下」の閑静な屋敷の庭の様子が、走る速度に合わせて飛び込んできます。
白玉椿に沈丁花、、、
「保健室の匂い、、、オキシフルのような」
d0004250_0381066.jpg


ふいに香った沈丁花のそれは、転ばぬ先の杖とばかりに、その歩調を緩めさせ、保健室の匂いについで、想起したのは、擦り剥けたひざ小僧に、白く泡立つオキシフルの匂いでした。
ウォー!!
とばかりにラストスパート♪
d0004250_037794.jpg


*画像、あくまでイメージ。
[PR]
by viola-mania | 2009-03-15 00:41 | 雑感

小春。

「ダ・ヴィンチ、、、MF文庫の棚ってどの辺りですか!?」
と、神保町にある大型書店を経巡り、訊ねたときの記憶が、油紙の匂いとともに立ち上ります。
その包みのなかには、もはや、まぼろしであったと諦めていた、MF文庫『きみの背中で、僕は溺れる』(カバー写真、森 栄喜)と、これも、その包みに同封されていた葉書にしたためられているように、「春の小さい贈りもの」がはいっていました。
写真家、森 栄喜さんのこまやかなこころづかいに目を細めつつ、早速、そのページを捲ってみよう。
えいきくん、ありがとう♪
d0004250_12364526.jpg


*画像、春の小さい贈りもの。
[PR]
by viola-mania | 2009-03-08 12:36 | 雑感

左右。

思想史家、千坂恭二さんが、戦後、タブーとされた、ファシズム関連の思想を、ナチとのそれに照らし、その関連のみが取沙汰されがちだった、ドイツの作家、エルンスト・ユンガーについて触れたとき、ふと、個人誌『薔薇窗』の同人、弘田 龍くんの顔が浮かびました。
さて、「世界革命戦争・全共闘から大東亜戦争へ」と題された、このトークセッションが、雑誌『悍(はん)』編集人、前田年昭さんから、聴講者へ質問を受けつける段になると、あらためて、その内容が充実したものであったことに気づき、
「えっ!! もう終わりなの!?」
とそれとは裏腹な、物足りなさを感じました。
d0004250_1152563.jpg


そんな聴講者たちのために、前田さんが用意してくださった二次会への出席を、でも、住まいが遠方ということからパス。
さて退散しようと会場の外へ出ると、そこにいるのが当然であるかのように? 龍くんが立っていて、セッションが行われていた、池袋、淳久堂書店の4階から1階へエスカレーターを使って降りると、そのフロアにあるベンチに座り、いつかのイベントのときのように、この店の閉店時間まで、龍くんとしゃべり込むことにしました。
前田さんが質問を受けつけたとき、手を上げようか躊躇したという、龍くんの質問におおきく頷くと、日本浪漫派とユッキーこと三島由紀夫のことが気になりました。
d0004250_1154449.jpg


そんなこんなで、その日中、江戸へ出るついでとばかりに、「タコシェ」と「古書往来座」への『薔薇窗』の納品を済ませると、手荷物を凝視、、、本来であれば、「スミレ貯金」へプールしなければならないところの売り上げ、一万円は、その手荷物である「コンバース」のスニーカーへと転身? していました。
スミレ編集長の「コンバース」ずきは、つとに有名です。。。
d0004250_116326.jpg


*画像、上、前田年昭さん編輯による雑誌『悍(はん)』、央、千坂恭二さんVS前田年昭さん、下、右とか左とか。
[PR]
by viola-mania | 2009-03-01 11:09 | 雑感