<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

菫論。

 春の野に菫つみにと来(こ)し吾ぞ野をなつかしみ一夜(ひとよ)宿にける


万葉集、巻第八にはいっている、山部赤人のうたを、歌人、齋藤茂吉は、「<すみれ摘む>考」(『童馬山房夜話 第三』)のなかで、その「菫つむ」という所作を、可憐な花を愛するという解釈ではなく、食用として摘んだという解釈の傍証として、『和名鈔』という文献を用いてこのことを説明しています。
何とも味気ない解釈ではありますが、「花」を食用にするといった、ある意味、詩的なその行為から、「不可解な食欲の形而上学」を推進した、少年皇帝の、ある日の酒盃の挿話が思い出されました。


 ある若い解放奴隷が、食後にファレルノの酒を注いで差し出すと、皇帝は口許に陰険
 な笑みを泛かべて、「その酒盃に千匹の金蠅を集めてくれ。金蠅は糞にとまる虫であ
 るから、帝王の食餌たるにふさわしい」と言う。


わけです。
さて、この少年皇帝、ヘリオガバルスを想うとき、彼の鹿革のサンダルの下には、愛と性の花(イオネ)、つまり菫がひらきながらにして、踏みしだかれているといった情景が浮ぶとともに、その兇暴な企みを秘めた、美しい横顔が浮びます。
アントナン・アルトーの『ヘリオガバルス または載冠せるアナーキスト』や澁澤龍彦の「陽物神譚」に、この少年皇帝の凶状は詳しく書かれていますが、アルトーは、


 我々を事物から解脱させてくれるもの、我々を<神>の単一性へと導いてくれるもの
 は、同意を経た分離の意識である。人はまず意識によって、そして後に愛の力によっ
 て愛を手に入れるのである。


と意志なき愛は成立しないとこれを説明していて、“分離の意識”という箇所に、ジャン・ジュネの、「愛とは唯一のものの分離の意識、引き離されることの意識であり、あなたのあなた自身があなたを眺める意識なのである」という、これも愛についての傍証を見い出しました。
愛と性の花(イオネ)、つまり菫が、ヘリオガバルスの足下にはびこるのと同じように、たえず、思索の下草として、思考という名の野辺には、この花がひらいているのです。


 夏菫少年の神髯をもつ   永島靖子
d0004250_11195018.jpg

[PR]
by viola-mania | 2007-04-29 11:20

越人。

芭蕉研究の祖、エバラタイゾウの『芭蕉・去来』は、俳人、松尾芭蕉と、その門下、向井去来について書かれた名著ですが、書架の一角には、『芭蕉全集』はもちろんのこと、「奥の細道」や「甲子吟行(野ざらし紀行)」のはいった『芭蕉紀行全集』が、その『芭蕉・去来』とともに並び、ついで、近所の古書肆で見つけた、『芭蕉七部集定本』をそこに収めれば、最低限、芭蕉は網羅? したことになるといえるでしょう。
で、その“七部集”をひもときながら、気になる句にしるしをつけていったところ、もっとも多く選んだ句の作者に、「越人」なる人物が上がりました。
そんなわけで、本書巻末にある「七部集作者列伝」で、「越人」なる人物を調べてみたところ、


 越人 エツジン
 杜國の扶助を受け、蕉門に帰す。


とあり、杜國の、


 色深き男猫ひとつを捨かねて


一読、気になった句であることに思いいたりました。


 六月の汗ぬくひ居る臺(ウテナ)哉

 人去ていまた御坐(オマシ)の匂ひける

 疱瘡(イモ)顔の透とほる程歯の白き

 念者法師は秋のあきかせ


上記は、“七部集”から、“もっとも多く選んだ”「越人」の句なのですが、「疱瘡(イモ)顔の〜」は、いまの嗜好にぴったりとくる句で、ドッキリ!! しました。
そして、「念者法師〜」に、あーなるほど、そーいうことか、と選んだこちらの嗜好と「越人」の趣味? の一致を見たというわけです。


 疱瘡(イモ)顔の透とほる程歯の白き   越人
d0004250_1162287.jpg

[PR]
by viola-mania | 2007-04-22 11:08

起稿。

拙著『緋色の獣』所収、「獣園III」以来、執筆に向かっています。
ちなみに、個人誌『薔薇窗』15号に寄せた、拙作「倭をぐな」は、昨年九月の脱稿。
そんなわけで、この八ヶ月あまり、単行本や雑誌は刊行したにせよ、作品は、二篇しか書けていないという、何とも情けない有様。
まあ、書けなかった原因は、ひとまずおくとして、この一週間あまり、家にいる時間は、書斎のデスクに向かっているか、本を読んでいるかして過ごしています。
思索のため、或いは、思考のきっかけとして、読書はかかせないものだと、あるかたにいわれ、なるほど、その通りだと思いながら、ただいま『ゲシタルト心理学』なる、戦後、間もない頃に刊行された「アテネ新書」のうちの一冊を読んでいます。
そのなかに、


 セミしぐれが一時ぱったり止むとき、急にヒッソリするとか、シーンとなるとかいう
 趣きが体験される。
 「静かさ」が感じられる。——いや、イプセン作『われら死者の眼ざめたとき』の中
 のルーベック教授のように、「静かさを聞くことができますネ」という方が適切かも
 知れない。


という一文があって、芭蕉の「岩にしみいる蝉の声」とは、“静かさを聞く”ことにほかならないものであると、あらためて感じました。
「静かさ」といえば、周りを雑木に囲まれた我が家も、昼間のうちは、鳥のさえずりなど、姦しいのですが、夜間ともなれば、一転、静かというのを通り越して、恐ろしいくらいな「静かさ」です。
とはいえ、興が乗り、執筆が夜間に及ぶときなどは、かえって好都合? で、平面に存在するあちらの世界とその世界を構築しているこちらの世界とが、同じ一つの面でつながっているかの錯覚を起こすことが、ままあります。
さて、執筆を終え、居間の畳の上に寝転ぶと、ようやく、こちらの時間が流れ始めます。
すると、柱時計の鐘が鳴り、いまを刻んでいることの実感が得られるというわけです。
ところで、このたびの作品、まもなく脱稿です。
どんなカタチで発表するかは、未定ですが、新たなるコンビネーションにご期待ください。
とだけ、いっておきましょう。。。
d0004250_055028.jpg

[PR]
by viola-mania | 2007-04-15 00:09

灌仏。

暮れ方の海から、浮かび上がって見える山並の向こうに、大きな満月が覗いていました。
はた、と見た山の斜面には、六つの月が浮び、
「スゲェー光景!!」
とばかりにケータイ・カメラを構えた瞬間、六つの月を背後に、六人の阿弥陀の姿が浮び、それらの月が、光輪であったことに気づいたところで、目が覚めました。
「そーだ、少年釈迦に逢いに行こ」
というのが、開口一番のひとことでした。
鎌倉駅から、江ノ電に乗って、四つ目の駅「極楽寺」で下車、線路と並行するかたちで、“少年釈迦”像が安置されている寺、極楽寺はあります。
とはいえ、“少年釈迦”像の公開は、年に三日間(九日までの正午から三時までのあいだ)、いつかはご尊顔を拝したいと思っていた、“少年釈迦”像とようやくご対面というわけです。

 
 この寺を訪れるのだったら、やっぱり春、と私は思う。草ぶきのひなびた山門からの
 ぞく桜並み木が美しいからではない。年に一度(現、三日間)、四月八日に、この秘
 仏、釈迦像が開扉されるからだ。京都嵯峨の清涼寺の異国風な釈迦像のながれはくみ
 ながら、あの像の体から放たれる異様な熱気は失われて、そのかわり、少年に似た目
 もとのほほえみが、日本的な風土へのおだやかなとけこみかたをみせてすがすがし
 い。


とは、作家、永井路子の、“少年釈迦”像に対する賛辞。
よいお顔をした、なべての仏像は、なるほど、すがすがしいものです。
そんな、花曇りの午後の邂逅(けさ、夢で逢いましたよね)でした。
d0004250_1016116.jpg

[PR]
by viola-mania | 2007-04-08 10:17

感哀。

 腹の底から、激しい怒りが湧いた。先生の裏切りを軽蔑した。つゆほども疑ったこと
 のない者を、こうした形で絶望にたたき込んだ先生を憎んだ。私は、とっさに山を下
 ろうと決心した。一刻もこの場にいることは耐えられない。私は立ち上ると、部屋の
 隅に重ねて置いた服を素早く身につけた……。

                        加藤守雄『わが師 折口信夫』より


民族学者、折口信夫(おりくちしのぶ)の四人目の弟子、加藤守雄が、その愛息、藤井春洋(ふじいはるみ)と入れ替わるかたちで、折口の家に住まわるようになってから、二ヶ月ののち、上記に引いた結末によって、加藤は、折口の家を去ったのでした。
とはいえ、折口にしてみれば、十年来、自分を慕い続けてくれた弟子の、こんな返答など、思いも寄らないことでした。
折口は、
「師弟というものは、そこまでゆかないと、完全ではないのだ。単に師匠の学説をうけつぐと言うのでは、功利的なことになってしまう」
と加藤に、長い師弟のあいだの、独自な愛と苦しみの生活のなかから生まれたことばを吐露するも、折口のいう、師と弟子の関係を実際、行動に移されてみると、上記に引いた結末になるのも、否めないことです。
ところで、このたび、個人誌『薔薇窗』15号に寄せた、拙作「倭をぐな」のなかの一篇、「守雄」では、師を恋いうる弟子としての加藤を描き、彼らの関係を捏造してみました。
というのも、上記に引いた結末によって、彼らの関係が断たれてしまうよりも、師を恋いうる弟子の片思いとして、加藤の感情を描いた方が、折口のいう「感哀(かんない)」、つまり、悲しみのこころを、よりあらわせると思ったからです。
とはいえ、こんな楽屋話をするのも、きのう、古書店の店先で、偶然手にした、加藤守雄『わが師 折口信夫』(文庫版)のなかに、加藤の姪、土井町子さんによる手紙(加藤への弔意の礼と三回忌の報せ)が挟まれていたことに、ある霊感のようなものを感じたからです。
つまり、“彼らの関係を捏造し”たことに、罪悪感を覚えたからかも知れません。


 わが暮し楽しくなりぬ隣の部屋に守雄帰りて衣(きぬ)ぬぐ音す   信夫
d0004250_7194196.jpg

[PR]
by viola-mania | 2007-04-01 07:20