樒雨。

最近、懇意になった青年と動物園へ行きました。
小さな山の頂(いただ)きにあるこの古い動物園へ辿り着くには、その途中にある公園を迂回して行かなければなりません。
そんなわけで、急な勾配に息を切らしたこちらが、目の前にあるベンチへ腰掛けると、
「少し話そうか」
とさりげなく、その青年にも腰掛けるよう促してみます。
さて、寡黙な青年に二三の質問を投げ掛けると、その応えを聞くなり途切れた会話。
とはいえ、気まずい空気は、互いの上に感じられません。
d0004250_14365339.jpg


暮れ方の公園にどよもす喚声。
近くに学校があるようです。
その声の方へ青年が歩き出したので、これに従い、学校のグラウンドを走る少年たちを見下ろしていたら、
ポツ、、、ポツ、、、
と何かが落ちる音がしました。
降り出した雨のように落ちてきたのは、樒(しきみ)の花で、その巨木の下で、青年とふたり、しばし、追想のときを過ごしていたようです。
「中学生のとき、同級生に告白されてから、そいつとは、高校生になるまでつき合ってたんだけど、あとは、それっきり、、、そっちは?」
と青年がいえば、
「動物園、閉まっちゃったかもね」
と何の脈絡もなくこれに応えてみます。
だって、好きだった同級生が、死んでしまったとは、いくらなんでも、こんなベタなシチュエーションじゃ、いえないよね。
d0004250_14371066.jpg


ところで、青年のどこか抹香臭い風貌から、この“樒(しきみ)の花”の特性を思い出したのは確か。
案の定、閉まっていた動物園を尻目に、横浜の町が一望出来る場所へ青年を案内すると、暮れ方の景色を見下ろしながら、亡くなった同級生のことを考え、ついで、青年の口から彼の両親が亡くなったと聞かされたとき、
ポツ、、、ポツ、、、
と降り出した雨が、頬を濡らすのを感じました。
d0004250_14372678.jpg


*画像、上、或日の動物園、中、樒の花、下、或日の眺め。
[PR]
by viola-mania | 2009-07-12 14:45 | 少年


<< 視線。 草踏。 >>