開通。

二日前から使用を自粛していたキッチンの流し場も、日中、大家さんが手配してくれた排水工事作業員のおかげで、すっきり開通。
ガタイもカンジもいい兄貴系の作業員と、その都合上、作業につき合わざるを得なくなったこちらの隣で、何だか応答のないもうひとりの作業員とは、なかなかどーしていいコンビネーションでした。
とはいえ、さいしょ、その作業員の態度と気転の悪さに、
「そこから沁みてきてるんだから、事前にぞうきんを置くなり対処してくれよ!! そんだけ水出してんだからさ」
とよっぽどいってやろうかと思ったけれど、いわずにおいてよかったと、そのあとのふたりのやり取りを、隣の部屋で聞きながら、ほっ!! と胸を撫で下ろしました。
どーやら、兄貴系の作業員は、その作業員の性格を把握した上で、ことを穏当に運んでいるらしいのです。
つまり、その作業員のこちらにはわからない何かを認めているのでしょう。
そんな空気が、この対極的なふたりの作業員の間合から感じられました。
だから、
「作業終わったら声かけてください」
といって、早々に、隣の部屋に引っ込んだことは、正解でした。
「お疲れさまでした」
と作業を終えたふたりを玄関先で見送ったとき、兄貴系の作業員の変わらぬカンジの良さの隣にあったのは、意外にも、その作業員の優しい笑顔でした。
そんなわけで、こちらとその作業員の間でも、何かが開通したようです。。。
d0004250_0281142.jpg


*画像、水を連想させる植物、水妖花(ヒドランゲア)。
[PR]
by viola-mania | 2009-06-14 00:35 | 雑感


<< 聖草。 書庫。 >>