歌殺。

 泰山木は私の最初の植物体験の一つであった。

d0004250_058249.jpg

とは、奇しくもこの植物が、雄大瑰麗な花をひらきかつ鋭い芳香を漂わせる一時期に逝った、歌人、塚本邦雄のことばですが、この泰山木(たいさんぼく)が花ひらく午前中に我が家を訪ねて来た近所のともだちの顔もまた、ひらいたばかりの花のように瑞々しいものでした。
さて、ともだちから手渡された白い封筒のなかには、『現代短歌研究』の誌名を持つそれが三冊はいっていて、その最新号の表紙に刷られたもくじを見ると、ともだちが、この研究誌の主宰を務めていた、評論家、菱川善夫に捧げた批評文のタイトルが、巻頭に据えられていました。

d0004250_0584383.jpg

 「カリギュラの鏡——歌はだれを殺すのか」   小松 剛


カリギュラとは、アルベル・カミュの戯曲に登場する若き暴君の名ですが、そのカミュの戯曲「カリギュラ」の科白を、文頭と文末に置いた小松さんの文は、その初校を読み聞かせてもらったときの印象そのままに劇的であり、そのことは、「選別的な形でしか<殺し>はやってこない」という菱川のことばどおり、特別な状況、あるいは、状態のなかでこの文が書かれたことを示唆しています。
その状況とは、前衛短歌の開幕期からその評論活動を展開してきた菱川の死であり、状態とは、「歌人には決してなりたくない、歌人とはもう関わりたくない。歌人は死ぬほどつまらない」という小松さんの歌人に対する諦念とでしょう。


 人は、短歌を一首成すとき、多くのものを喪っていることを知るべきだろう。そしてその末に
 残るものがあるのか、とくと自分に問うべきだろう。一首を成すとき、人は、恐るべき力で短歌化
 され、あらゆるものとともに消え去る。この魔的な力に抗う術はない。ましてや伝統に紛れ込もう
 とする歌人に、なにを見るべきものがあるだろうか。短歌とはただ五七五七七すなわち三十一首の
 音楽にすぎず、くちずさむように歌えばよいと言うような歌人に、なにを聴くべきものが残るとい
 うのだろうか。



と小松さんが嘆くとき、塚本の「<歌人(うたびと)とわが名呼ばれむ>で、<われ歌人(うたびと)ではない」といったことばとともに、このひらいたばかりの泰山木が、その夕刻には淡いセピア色に変色し、とざすことなく花の寿命を終えるその過程を想います。


 泰山木雪白の花ふふみたり青年を棄てて何を愛する   邦雄
d0004250_0585874.jpg


*画像、上、ひらいたばかりの泰山木、中、「現代短歌研究」第八集、下、「カリギュラの鏡——歌はだれを殺すのか」初校。
[PR]
by viola-mania | 2009-05-31 01:08 | 文学


<< 書庫。 美暴。 >>