小春。

「ダ・ヴィンチ、、、MF文庫の棚ってどの辺りですか!?」
と、神保町にある大型書店を経巡り、訊ねたときの記憶が、油紙の匂いとともに立ち上ります。
その包みのなかには、もはや、まぼろしであったと諦めていた、MF文庫『きみの背中で、僕は溺れる』(カバー写真、森 栄喜)と、これも、その包みに同封されていた葉書にしたためられているように、「春の小さい贈りもの」がはいっていました。
写真家、森 栄喜さんのこまやかなこころづかいに目を細めつつ、早速、そのページを捲ってみよう。
えいきくん、ありがとう♪
d0004250_12364526.jpg


*画像、春の小さい贈りもの。
[PR]
by viola-mania | 2009-03-08 12:36 | 雑感


<< 沈丁。 左右。 >>