蟲師。

翌日が休みでないかぎり、平日の深夜に起きていることはあまりないけれど、来週から月曜日の深夜だけは、起きていなければならないといった必要性を感じた、きのうの深夜、、、
そんなわけで、三年前の秋からその翌年の春まで、地上波にて放映された『蟲師』を、ようやくいまになって衛星波でみているオイラのアンテナって、ある意味、この物語の舞台である、「鎖国を続けた日本」、もしくは「江戸期と明治期の間にある架空の時代」といった、電気のなかった頃のそれであり、よって、届くこともないそれが像を結んでいるのは、だから、蟲の報せによるものなのでしょう。
また、画面に映る風景も、日本の原風景を思わせるようなノスタルジックなものとなっていて、このあたりの事情が、アナログ仕様なオイラには、何とも心地よいのです。
それにしても、かたわらに置いた湯のみから立つ、湯気の音さえ聞こえてきそうな深夜。
「柔らかな角」とキャプションされた画面の向こう側は雪景色。
どうりで静かなわけです。
d0004250_0181711.jpg


さて、『蟲師 第三話 柔らかな角』のストーリーは、 


 雪深い村の村長白沢(しらさわ)の依頼で、村人の片耳が聞こえなくなるという奇病
 の調査に訪れたギンコ。ギンコの治療により村人達は救われるが、村長の孫の真火
 (まほ)は両耳が聞こえなくなり額に角が生えるという、さらに特異な病に冒されて
 いた。 そして、真火の母も同じ病で命を落としていた、、、


というもの。
d0004250_0183266.jpg


ふと、若山牧水の


 耳は耳目は目からだがばらばらに離れて虫をきいてをるものか


こんなうたのなかに、このストーリーのすべてが集約されているのではないかと思ったのは、きのうの深夜のことでした。
d0004250_0184876.jpg


*画像、上、ギンコ、中、蟲の名、下、真火。
[PR]
by viola-mania | 2008-12-28 00:22 | 雑感


<< 開幕。 沈黙。 >>