馬肥。

天高く馬肥ゆる秋ですね。。。
そんなわけで、きょうは、駅までの山道を40分かけて歩いてみることに、、、
とはいえ、昼飯前。
“馬肥ゆる”どころか、消耗しそうな勢いですが、その道すがら里山の植物たちを、ケータイ・カメラに収めつつ歩いていたら、深まりゆく秋の季に、こころだけは、満腹といったところ。
d0004250_019784.jpg


そんなわけで、いつものストアへ行く前に、贔屓の古書肆へ立ち寄ってみることに、、、
半月ぶりの店内のワゴンには、これといった出物もなく、それでも、その装釘のみに惹かれた『江戸次第』(昭和6年刊)というすべて漢文による、ちんぷん漢文? な書物を300円で拾い、狭い店内の棚を一巡。
さて、お会計といったところで、ちょっとした珍書? を発見。
んでもって、それら二冊の書物を番台へ持っていったところで、きょうも見えないご主人の代わりに店番をされていた奥さんと、これも前回に引き続き地元談義に花を咲かせてしまいました。
d0004250_0251433.jpg


かれこれ小一時間ばかりを古書肆で費やし、いよいよ、減ってきた腹を擦りながらストアへ、、、
新米の出荷に気推された? かたちとなったオコメを、いつもの価格より500円安く買うことができ、ふと、小市民的な喜びが込み上げるも、これを土鍋で炊けば、そのおいしさは、新米に劣るものではない!! と、負け惜しんでみたりなんだり。
それにしても、ごはんがおいしい季節ですね。。。
d0004250_019362.jpg


*画像、里山の秋を歩く。
[PR]
by viola-mania | 2008-11-02 00:26 | 雑感


<< 彼地。 月病。 >>